アロマの癒しも取り入れて

看護現場に、アロマセラピーを取り入れるところも結構出てきています。
特に産科領域において積極的に取り入れられているようです。
妊婦さんに対しては、セラピストによるアロママッサージを実施したり、セルフケアの方法を教えているところがあります。主に、妊娠による腰痛の緩和・妊娠線の予防・気持ちのリラックスが狙いです。
分娩室では、緊張を和らげるためにアロマポットが使用されることがあるようです。実際にお産をする患者さんにとっては、緊張はするし、痛いものは痛いのでしょうが、「そういう配慮をしてもらっていている」と感じることが嬉しいのではないでしょうか。出産するのは大変なことですが、看護師さんや助産師さんたちのサポートや心配りがある幸せな出産は、前向きになれるそうです。
産後は、眠れないつらさや、抱っこし続けていることによる腕や腰の痛みがやってきます。そんなときはラベンダーなどを用いたリラックスと痛みを和らげる効果のあるアロマオイルでのマッサージが行われています。また脚にひどいむくみが出る場合には、アロマを垂らしたフットバスが用いられます。
但し、アロマセラピーは、こういう症状のある人にはだめ、こういう状態の人にはこうする方が良い、というような「処方箋」「使用禁忌」のようなものがあり、素人判断は危険です。看護に取り入れたいとお考えの方は、ぜひアロマセラピスト資格を取得しましょう。

アロマセラピストや助産師になりたいと思った方は、是非それらについて記載されているサイトを探してみてください。詳しく載っているところもたくさんあります。
下記は参考までに。
基礎からわかる!助産師になるための方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です