IT化も進んでいます

世の多くの職種では、今やPCと仕事は切っても切り離すことのできない関係にあります。そんな中で、IT業界を除けば業務のIT化がもっとも進んでいる業界が金融業界と医療現場ではないでしょうか。
例えば、A病院で診察を受けたひとのカルテを、B病院で見ることができるんですよ。まさにIT技術、というか電子カルテは私たちの仕事にとってはまさに重要な仲間と言えるかもしれません。
さて、初めて看護の現場にやってきた新人看護師は、日々の業務の流れなどといっしょに身につけなければならないのは、その電子カルテの使い方です。多くの看護学生は、あまりそうした機械に強い人はいないので、最初は意外と苦戦するものです。
最初は、電子カルテの操作に慣れてもらうことが重要なので、最初の1時間くらいは黙々と訓練環境の操作を行います。
その後は、実際に現場でカルテを使っている先輩が操作をするのを見て、本番環境での運用の方法などを学びます。もちろん、この時もサポート要員はついています。
中にはPCを操作すること自体が初めての人もいるのですが、サポート要員がきちんと説明してくれるので安心です。専門家が私たち素人にわかりやすい説明ができるのは案外まれなケースらしいです。
新人の中には、時々かなりの強者がいます。なんと、システムの操作を自分なりにアレンジして、より効率的に使用している人もいるのです。PCの知識や技術はどんな仕事をするにしても、あるに越したことはないようですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です